『Google Reader』が終了!RSSリーダーの今後の動向は?

NO IMAGE

ネクストリンクです。

Googleが『Google Reader』のサービスを7月に終了することを発表しました。
RSSリーダーでは使っている方が多いサービスの為、波紋が広がっています。

Google Reader終了ショックの波紋~代替サービスが続々と名乗りを上げる

サービス終了の背景には、利用者の減少と、社内のリストラが挙げられているようです。
ネット上でRSSには「古い」とのイメージが根付いているようで
実際に利用している層はネットの古参のユーザーが多数を占めるようで
RSSが何かわかる時点で「リテラシーが高い」か「古参ユーザー」という・・・

ただ私も利用している為、情報収集には非常に便利であるという事実はあると思います。
メディア関係者や配信系のHPを運営している方、Google Reader APIに依存した
アプリサービスを行っているサードパーティー事業者には悲惨な宣告がなされました。

世界中のブログやSNSなどのコミュニティにおいて、様々な憶測が流れています。
今後の流れとしては、代替のサービスが台頭してくるか、RSS自体が廃れるか・・・
ただ今回のGoogleの決定を見ても、RSSの現状が垣間見えてくる気がします。

ただ広告事業で成り立つ『Google』という企業だから。という側面もありますし、
Feedburnerを買収した後の事なのでRSS=儲からないと判断がされたのではと考えられます。

ただFTPなどを代表するような、古い技術ではあるが便利なものと同様に
利用者がなくならない限りは使いたい人には使えるという形で残っていくことを期待してます。

Googleが企業体である以上、仕方のない事ながらやはり突然すぎるサービス終了や縮小は
キツイですね。GoogleMAPGmailなんかも急に終わる日がくるのでしょうか・・・!?

気になるニュースカテゴリの最新記事