【ファイル共有】1TB(1000MB)まで送る事のできる無料サービス『SoShare』公開ベータ開始!

NO IMAGE

1TBという大容量のファイルでもアップロード・共有することが可能なサービス『SoShare』がパブリックベータテストを開始しました。

Dropboxなどでも共有可能であるが、大きな違いは1TBという大容量ファイルをアップロードでき、メールで特定の相手にリンク先を送ったり公開リンクを設定して一般に共有できるサービスである。

アップロードしたファイルはクラウドに30日間保存され、送信者は任意で共有を停止したりできます。

送信者は登録が必要(無料)、受信者はアカウントの作成をしなくてもファイルを受け取る事ができます。
用途としては、デザインや作品などの容量が大きくメールへの添付やクラウドストレージ同期では送るのが難しいなど。

この『SoShare』のファイル転送にはBitTorrentが使われており、送る側のファイルアップロードやファイル管理、もらう側のファイルダウンロードには
SoShareのプラグインをインストールする必要があります。

アップロードしたファイルが相手に届いたか、開いたかも「レシート」の機能を通して確認できます。

この『SoShare』はパブリックベータ版として現在サービス中です。
誰でもアカウントの作成を行い利用が可能になっています。

SoShareの運営元は、ファイル共有プロトコルで知られる『BitTorrent』社。
1年ほど前は『SoShare』ではなく『Share』というアプリを利用しファイル共有する仕組みでした。
今後は暗号化などの機能も随時追加し改良がなされる予定です。

 

参照:SoShare beta

気になるニュースカテゴリの最新記事