WordPress、便利でお得なサービス、仮想通貨まで、あらゆる情報のことならネクストリンク

WordPress投稿画面を昔のエディタに戻した「Classic Editor」

WordPress投稿画面を昔のエディタに戻した「Classic Editor」

簡単3ステップでWPの旧エディタへの戻し方をご紹介

WordPressのバージョンが変わり、投稿画面がブロックエディタ(通称Gutenberg)に変わって、なんとか慣れようと使ってましたが、やっぱ使いにくい!!!
使いやすいと思ったのはブロックごと移動できるから入れ替えが楽!とか画像入れる時ネジマークから直接画像挿入できるくらい。

人気のあるWordpressなので、攻撃されやすいという観点から最新版にしておきたいところですが、流石に手間が増えすぎなので、旧エディタに戻しました。

ステップ1 「プラグインの新規追加」で「Classic Editor」と検索
ステップ2「インストール」をクリック
ステップ3「有効化」をクリック

ぶっちゃけプラグインなんでステップもクソもないんです、、、
100万以上インストールされていて同志も多いのでエイヤー!とインストールして有効化!

Wordpressの管理画面を元に戻した

やっぱこれが触りやすい!サイコー!
2021年まではサポートされるみたいなので使い倒そう。

プラグイン「Classic Editor」まとめ

プラグインを追加するだけで旧エディタに戻せるし、プラグインを停止すれば新エディタになるので問題ない!何より慣れ親しんだエディタの方が投稿作業が捗るはず!

管理しているサイトの中には新エディタで触るしかないものもあるけど、そっちで新エディタに慣れて、自分のサイトではやりやすいようにやりたいようにやる!

ストレスもなくなったんで気合い入れて更新するぞー

WordPressカテゴリの最新記事