WordPress便利なお勧めプラグイン一覧(忘備録)

WordPress便利なお勧めプラグイン一覧(忘備録)

WordPressの便利なお勧めプラグインをご紹介

忘備録のようなものなので、箇条書きが多いですが、最低限の説明はつけています。
ワードプレスの高速化からSEOに有効なプラグイン、編集作業、更新に便利なプラグインを集めてみました。


My Category Order

カテゴリーの順番を並べ替えるWordPressプラグイン
http://design-plus1.com/tcd-w/2011/10/my-category-order.html


Google XML Sitemaps

サイトマップをGoogle、bingに送信する。


W3 Total Cache

WordPress高速化の為のプラグイン。あらゆる機能がついているので、このプラグインさえあれば「ダッシュボードが重い」「サイト表示に時間がかかる」などが解決できます。機能が多いので「どのプラグインを選べばいいのかわからない」という方はこのプラグインをお勧めします。

共用サーバーで使用する方は下記設定で問題ないかと思います。

Preview Mode: チェックを外す
Page Cache: Enableにチェック
Page Cache Method: Disk:Basic
Minify: Enableにチェック
Minify mode: Auto
Minify Cache Method: Disk
HTML minifier: Default
JS minifier: JSmin(Basic)
CSS minifier: Default
Database Cache: Enableにチェック
Database Cache Method: Disk
Object Cache: Enableにチェック
Object Cache Method: Disk
Browser Cache: Enableにチェック

 Optimize Database after Deleting Revisions

これはリビジョン(編集履歴)の削除をした後にデータベースの最適化をしてくれるプラグインです。同様の機能を持つ「WP-Optimize」のほうが有名ですが、こちらはスケジューリングが可能なため、管理に手間がかかりません。インストール・有効化したあとに、管理画面で「設定 > Optimize DB Options」をクリックします。

項目は下記。

Maximum number of – most recent – revisions to keep per post / page いくつ前までリビジョンを残すかの設定です。0で全て削除
Delete all trashed items ゴミ箱に入った項目を削除
Delete all spammed items スパムに入った項目を削除
Only optimize WordPress tables チェックするとWordPressのテーブルだけを最適化(別のソフトで使うテーブルが混在する場合チェックを入れないとそちらも最適化される)
Logging on ログデータを保存するか
Scheduler スケジュール(それぞれ、自動で最適化しない、1時間、日に2度、日に1度、1週間に1度。という設定)

全てチェックして、相当大規模なサイトでない限り、1週間に1度最適化すれば十分だと思います。
設定が終了したら「Save Option」ボタンをクリックして有効にします。初回は「ツール > Optimize Database」から「start Optimize」ボタンを押すと最初の最適化が実行できます。


・CSSに挿入するだけですべてのリンク付き画像に「マウスオーバー機能」をつけられる。

a:hover img{
<pre>opacity:0.8;
filter:alpha(opacity=80);
-ms-filter: “alpha( opacity=80 )”;
}

 

WordPressカテゴリの最新記事